Staff

スタッフ紹介

たぐち脳神経外科クリニックのスタッフ紹介

メッセージ

Greeting

理事長挨拶

理事長挨拶〜脳疾患は発症前の予防が肝心〜

脳神経外科医として医療に携わり30年が経過しました。10年間は大学病院とその関連施設で脳外科専門医療に従事し、その後の20年は脳外科の専門性を持った地域のかかりつけ医としての研鑽を積んでまいりました。外科治療(手術)で劇的に症状が改善して社会復帰される方々をみて脳外科医としてのやりがいを感じた反面、脳疾患の後遺症に苦しみ悩む方々を多く経験して脳疾患は発症予防が肝心であると今強く感じています。
これからは福岡(西区)の地で様々な経験をもとに未だ病気とはいえない(未病)の段階で病気になる危険性が高まっていないかを評価して、極力脳疾患を発症しないように患者さん自らが積極的に健康管理に取り組むことができるようなお手伝いをしていこうと考えております。
あなたの心と体の健康管理の伴走役がしっかり務まるように一生懸命に取り組みます。
(たぐち脳神経外科クリニック 理事長:田口明)

理事長情報

Information

理事長情報

理事長情報

理事長:田口 明 経歴

1989年 久留米大学医学部卒業
1989年 久留米大学病院脳外科研修医
1992年 秋田県立脳血管研究センター留学
1993年 済生会八幡総合病院勤務
1996年 社会保険田川病院勤務
1998年 久留米大学病院高度救命救急センター勤務
1999年 福田脳神経外科病院(佐賀市)勤務
2019年 たぐち脳神経外科クリニック開院

所属学会

日本脳神経外科学会、日本脳卒中の外科学会、日本頭痛学会

受付

Reception Staff

受付スタッフから

不安を抱えて来院される患者さんの気持ちを少しでも和らげるために明るく笑顔で対応します。スムーズに看護師の予診から先生の診察へとつなげられるように丁寧な対応を心掛けます。

看護

Medical Staff

医療・看護スタッフより

頭痛やめまいで来院される方々に対しては脳卒中の可能性も疑いながら血圧を測り異常がみられればすぐに安静にしていただき頭蓋内検査を行い迅速な対応を心掛けます。
物忘れで来院される方々には脳外科的治療(手術)で治る可能性がある異常が隠れていないか疑って頭蓋内検査をして治療方針を決定します。頭部打撲で来院される方々には患部の処置を含めて迅速に対応します。頭蓋内への影響がないかを疑って検査を行い、異常が見られなくても打撲後の症状変化の観察ポイントを説明します。